・ タグ「ペース・メソッド」が付けられているもの

春の訪れ

 

早いもので、もう4月です。

桜の花便りも聞かれるようになりました。

何かが違う?、静から動に変わる節目のような・・・・

草花もきれいな色に発色し、気温もあたたかくなり

小鳥の動きも活発になってきて

日中の光すら、いつもより明るく温かく感じられ

色々なものが一気に動き出すような躍動感?

その様なものが「春」なのでしょうか。

 

先日NHKの番組で人間の脳について

色々と分かってきている事を分りやすく

放送していました。

ノーベル賞を受賞した山中教授も出演されていました。

 

人体の細胞は新陳代謝により、ある一定のサイクルで

新しいものにすべて置き換わっているのですが

脳だけは、生まれたままの状態で発達し

細胞が置き換わらないそうです。

幼児が言語を簡単に習得するのは

脳内細胞のネットワークが活発になる

4歳程度までの 脳細胞の発達によるもので

その後は、発達を抑える物質が出て

徐々に発達が停止するそうです。

マウス実験で停止する物質を出ないように

したところアルツハイマー病の脳のように崩壊してくる

結果が出ました。

原因は、脳の発達には大きなエネルギーを

必要とするのでその分負担が大きくなり

自己防衛のための

停止ではないかと推測されています。

視覚などの感覚部位から始まり

運動の部位、判断の部位と順番に

停止して10代で殆どの部位が停止

することが解ってきました。

 

脳の発達が停止する代わりに

脳内ネットワークの神経細胞が脂肪のようなもので

太くなり、情報伝達が活発になると

脳の発達と同じような効果が出る事も

わかってきました。

 

そのような研究の一環として実に興味深い

プロジェクトが行われていましたので紹介します。

アメリカの貧困層の暮す地域で音楽教育による

教育格差の是正実験が行われています。

この地域は、同居している両親が薬物中毒であったり

ホームレスを経験していたりとかが多く

ほとんど教育崩壊しています。

 

この地域の10歳前後の子どもたちを対象に

希望者に楽器を与え、無償で音楽教育をしています。

追跡調査の結果、音楽教育をした

96%(近年6年の結果)が大学進学をしていました。

ほとんどの子どもたちが高校すら中退してしまう

この地域では、驚くべき結果です。

音楽教育した子供たちの脳の神経細胞を調べると

神経細胞が太くなり活性化していました。

楽器を奏でたり、音楽を楽しむことは

同時に色々な脳の部位(目、耳、指)を使うことで

高速ネットワークが確立するのですが

別の見方をすれば

音楽が好き、楽しいと言う心の高まりが

大きな集中を生み思いやりの気持ちも育み

自分自身に自信が持て

物事に前向きに積極的に取り組めるようになる

このような変化が脳細胞の変化へとつながる

とも言えそうです。

 

かってケネディー大統領が音楽教育の可能性に注目し

理解を示してペース博士を国の音楽諮問機関の一員

に加え、音楽教育による教育の崩壊や格差の是正に

取り組もうとしましたが、大統領の暗殺と言いう

不幸な事件で抜本的な改革は中断されました。

当時は、音楽教育は趣味の延長程度の認識で

全く重要視されていませんでしたので、このプロジェクトは

もう終わってしまったと思っていましたが

「ハーモニープロジェクト」と言う名前で

大きな予算も付かない中で、今も辛抱強く続けられ

著しい学業の向上という成果を上げ

全米で注目を集めつつあることを

この番組を通じて実感しました。

これを機会に音楽教育の大きな可能性を、

日本でも、もっとたくさんの人に

理解していただければ幸いです。

 

 song_s.gif

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 やっと朝夕はめっきり涼しくなってきました。

 食欲の秋、読書の秋、勉強の秋?の気配がどんどんと近づいてきています。

ペース・メソッド研究会主催のワンコイン(500円)セミナーのお知らせをいたします。

3、5、7才の脳の仕組み(発達)を知ることでピアノレッスンやその他にもつながる

「学習意欲を育てる」をテーマーとしたセミナーです。

********************************* 

3才:人間力を高めるには「好き」をいっぱいに!

5才:脳の神経伝達回路を伸ばす やる気を大切に!

7才:理解・思考・記憶が急速に高まる 達成感が自信に!

 *********************************

ペース・メッソドならではの、科学的、発達心理学的、コーチング的アプローチなど

脳の仕組みを例にわかりやすく理解いただけるセミナーです。

 

ピアノ講師以外で、学生、父兄の方も大歓迎いたします。

興味があれば、ぜひホームページのお問い合わせからご連絡ください。 

2回シリーズですが単発参加も歓迎いたします。

 

===============

 日時: 10月17日(木)、10月29日(火) 10:30から12:30

場所: コウキ商事株式会社(ヤマハ特約店) ユニスタイル高の原

    奈良市右京1丁目3?4 サンタウンプラザ高の原

    すずらん館2階

    近鉄京都線「高の原」駅下車・徒歩2分

    *お車の場合は「すずらん館屋上駐車場」に限り

     3時間無料駐車券を発行できます。

参加費用:500円(1回) 

     ペース・メソッド*ワンコインセミナー実行委員会

===============

ご連絡お待ちしています。ONECOIN.jpgのサムネール画像のサムネール画像

 

 

2月3日、今日は節分です。 節分といえば「豆まき」と「恵方巻き」が思い浮かびます。

ちょっと調べてみました。「恵方巻き」とは、

==============

節分の日、「巻き寿司のまるかぶり」が節分のイベントととして世間に浸透してきたのは、大阪が発祥の地といわれており、大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行った行事をマスコミが取り上げ、全国の食品メーカーがそれに便乗して全国に広まったそうです。
太い巻き寿司をラッパを吹くようにくわえて恵方に向かって私語を交えずに丸ごと食べる事により、1年間良い事あるそうです。
巻き寿司を使うのは理由は、「福を巻き込む」からで、また、まるごと食べるのは、「縁を切らないために包丁を入れない」という事です。
また、恵方とは陰陽道で、その年の干支に基づいてめでたいと定められた方角の事です。

================ 

        恵方巻き.jpgのサムネール画像

  ちなみに、今年の恵方は南南東らしいです。

節分は季節の移り変わりの区切りで、春の前日をさすそうです。

もう春はそこまで来ているのですね。

でも現実は、まだまだ寒いし、インフルエンザも猛威を振るっています。教室の生徒にも、インフルエンザにかかったり学級閉鎖など影響がでています。

 

 モペットはピアノレッスンの導入期、3歳前後で始めるクラスの事です。モペットレッスンは、

1グループ、4人程度で行っています。

その中に、「スキューバー」の単元があり、水中の様子をピアノの音を聞きながらイメージして、

高い音、低い音、だんだん強くなったり、弱くなったりを体験しながらたのしたみます。

このときの生徒たちは、柔らか頭が全開になり、すーとその世界に吸い込まれます。

イメージを深めるため酸素ボンベの代わりに、ペットボトルで作ったタンクを

背負ったり、ペットボトルに水を入れストロでブクブクさせたりします。

うん?、このピアノの音は?「あー!,サメが来た大変だ隠れろ」

などとピアノの下に潜り込んだりして大変盛り上がります。

 モペットの生徒たちは、大人になったら感じられない何かを

感じる能力があります。この部分に、感性を育てる大切なところがあり、

これは個人レッスンでは、出来ないグループレッスンならではのすばらしさです。

自分たちで、どんどんお話を進めていったり、イメージを膨らませたりします。

 ある時、A君が「先生!海にカエルがいるよ」「カエルは、海にいないよ??」と言いました。

モペット本の挿絵に、海の魚たちに混じりカエルがいるのを発見したのです。

ほかには、金魚もいます。

「すごーい、よく気が付いたね。海には、 カエルは住めないよね。よく知っているね」

「でもね、これは、夢の世界だからカエルが海にいても、Aくんが空を飛んだって良いんだよ。」

「自由に、いろんなことをして良いんだよ。」

「わかった!!。」そういって、またイメージの世界に戻っていきました。

 この時期にしか出来ない体験をグループのお友達と一緒にどんどん広げています。

「教え込まない」で、自由にグループでお互いに良い影響を得ながら広げる事が大切です。

この時期から、「海」と言えば「何」とか決めてしまって皆同じ「イメージ」や「音」、「色」

にさせることは絶対に避けたいです。

 個々の持っている感性や創造性を大切にして、そこなわないように育てたいです。

 

 

 

 

 今年は、春から梅雨まで、本当によく雨が降り続きました。

ようやく梅雨も明け、暑い日がやってきました。

計画停電の地区割りも念のためにと、関電から届いています。

さあ!節電の夏本番です。

 

 中瀬ピアノ教室では、ペース・メソッドを教材の中心にレッスンをしています。

このホームページをご覧になって「ペース・メソッド」について、

「音楽療法」などについてのお問い合わせもあります。

ピアノ教室を探していらっしゃる人だけでなく、

ピアノ教室の先生や音楽療法の専門家の人など

色々な方にご覧頂いているようで、恐縮しています。

  私は今、ペース・メソッドの勉強の為に地域研究会の「奈良研究会(葛城郡)」、

[堺研究会」の2か所に月1度づつ定期的に参加させて頂いています。

その他にも有料ではありますが各種の講習会やセミナーなど必要と思われるものは、

時間をやりくりしながら、参加しています。

どちらの研究会も、通うには片道1時間以上かかります。

 ペース・メソッドに興味はあるので、大阪(生駒市は大阪の北東側に接しています)や

生駒市周辺でペース・メソッドが勉強が出来る所があれば、

参加したいと考えられている先生もいらっしゃいます。

遠くまではなかなか出れない事情もあり断念されている先生もいらっしゃいます。

 その様な事もあり、生駒市でペース・メソッドの勉強会の定期的な開催ができないかと準備中です。

メンバーも数人います(全員女性です)。

小規模なものですが、初級から始められる会にしたいと思っています。

和気あいあいの楽しい雰囲気の会にしたいです。

 他にも、この事を知れば参加してみたいとお考えの

ピアノ教室の先生もいらっしゃるかも知れません。

また学生(音大、音楽教育関係など)の方でも、

幼稚園・保育園(幼児教育関係)の先生でもいらっしゃるかも知れません。

 もし興味があれば、当ホームページのお問い合わせからご連絡下さい。

詳しい内容など、折り返しご連絡致します。

 この準備中の勉強会は、希望する人たちが純粋にペース・メソッドを学び

ピアノレッスンなどで実践する事を目的としていますので、

宗教的、政治的な関わりは一切ありません。

また、お問い合わせを頂いても、ひつこく勧誘する事も致しませんのでご安心ください。

 月に1度、定期的に集まってペース・メソッドの教材・実践の勉強をしたり、

教室運営やレッスン方法、それに関する悩みなどを情報交換などをしながら

共に学び成長していければと思っています。

お問い合わせをお待ちしています。是非、一緒に立ち上げから始めましょう!

 

 

moppet.jpgkinder.jpgのサムネール画像

 

 

Level_1_lr.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

  そろそろ関西も梅雨入りの発表がありそうな、様子になってきました。

最近の2ケ月は、雨も多く竜巻や寒暖の差が大きかったりしました。

何となく東北大震災以降、様子が変な気がします。気のせいなのでしょうか?

 先日、村上龍氏の番組の「カンブリア宮殿」で

アマゾンのCEO ジェブ・ベゾス氏が登場していました。

この番組は「勝ち組」の経営者が毎回登場し

村上龍氏がその秘密に色んな視点から、

鋭く迫り単にヨイショしているだけの番組ではないように思います。

普通は日本人の経営者が登場しています。様々な視点から

ビジネスに成功している経営者をピックアップしていて、

いつもスゴイと感心してばかりです。

 今回の、アマゾンのCEOで創業者のジョブ・ベゾス氏は初めての外国人じゃないかと思います。

(すべて見ているわけではないので推測です。)

 アマゾンは、説明が不要なぐらい世界で知られた存在です。

でもどのような経緯で誕生したかは、あまり知られていないので、

簡単に書いておきます。

 1994年アメリカのシアトルでウォールストリートの金融機関を

退職したジョブ・ベゾス氏が総勢4人でしかもガレージ(車庫)を拠点に起業しました。

アマゾンは、18年間で4兆円を売り上げるまでに成長しました。

現在の従業員は全世界で約5万6千人だそうです。

アメリカの投資家は、短期で投資に対してリターンのできる会社を求めますが、

アマゾンは黒字になるまで創業から9年もかかっています。

アメリカのビジネスモデルとしては、かなり異色だそうです。

ガレージからの創業は、アップル社、赤字戦略はソフトバンク社と似ています。

「前向きの戦略による赤字は、赤字ではない」とCEOはおしゃっていました。

 色々とアマゾンのビジネスモデルの分析などがありましたが、

私が一番感心したのは村上龍氏の「金融機関を退職し(成功を捨てて)、

素人が当時未発達のネットのビジネスに挑戦したのは、なぜなのか?」

という問いに対してCEOは逆質問して

「なぜ挑戦をしないのか?」と切り返しました。

番組の中で色んな切口で成功の秘密を探っていましたが、

結局この発言が全ての源なのかと感動しました。

 物を考える視点は、人様々です。

アメリカに今も脈々と残るフロンテア精神が今回の成功をもたらしたのかもしれません。

でも、その陰には、失敗した多くの屍が横たわっているのも事実です。

皆が成功するわけでなく、ほとんどが夢で終わります。

 そのような大きなリスクをとっても、

次々と挑戦する精神が物事を前に進める原動力になっているのですね。

真実かどうか知りませんが、ハーバード大の一番優秀な人は起業する、

その次は大企業、研究所、大学などと聞いたことがあります。

本当に優秀な人は、アメリカの将来に貢献しなければならない

義務があるとの考え方だそうです・・・・。本当なら、凄い事です。

 ペース・メソッドのペース博士もアメリカの音楽教育界での勝組であるにもかかわらず、

従来の音楽教育の弱点を感じ、あえて困難な道を歩まれて信念を貫かれたのも

同じような視点であったのではないでしょうか?

 「音楽教育の大切さを、なぜ伝えないのか?」そんな声が聞こえてきそうです。

ちなみに「カンブリア」の言われは、

5億5千年前の時代で「カンブリア紀」という時代があって、

その時期に次なる進化を求めて生物が一斉に爆発的に誕生した時代をさすそうです。

 

カンブリア宮殿(TV東京HPより)

kannburia.jpgのサムネール画像

 

1

クリック-ピアノ療育

クリック-四季のたより

クリック-無料体験

クリック-手作り音楽ソフト

クリック-Q&A

ペース・メソッド