新たな芽生え

タグ:

  政治も経済も混乱や暗い話ばかりが続いています。

ここ十数年日本は、停滞気味で今後もあまり期待できそうにもありません。

終身雇用も徐々に崩壊してきているようです。

 リストラという言葉も、よく聞かれるようになってきています。

何が確実なのかさっぱりわからない時代になってきました。

 有名大学に入る事ができても、将来の安定につながらなくなってきています。

今まで塾といえば有名大学を目指す進学塾の事でしたが、

「新たな芽生え」のような形でさまざまな塾が出現しているようです。

 今まで塾としては無かったような

「将棋塾」、「料理塾」、「運動塾」、等々です。

 これらは、以前から存在していましたが、

最近は塾という形になり将棋や料理や運動の能力の向上だけでなく

それを学ぶ事で、人とのつながりや、自立心など今後社会に出てから

必要とされる基本的な能力を身に付け不確実な時代を生き抜く

タフな人間に成長する事を目的としています。

 この考え方が、多くの親御さんに支持されるようになってきています。

 裏を返せば、親自体が今後子供達に何をしてあげれば良いのかがわからなくなり、

また自信がないという現れであると解説されていました。

 ペース・メソッドも30年以上前から、感性や自主性の発達をめざし、

教え込まないで自分自身で解決に導く指導法などの

(ピアノレッスンの)考え方がありますが、

そのような理念にやっと時代が追いついてきたような気がします。

 今まで、決まった形をなぞっていれば、

考えなくても安定した暮らしが保障されていました。

 それはそれで、努力も必要で人一倍勉強をがんばり

よい大学に入れば後は、安心というものでした。

しかし、現実は、それだけでは通用しない

もっと難しい状況になってきています。

 勉強ができて高得点が取れてもそれだけでは評価されません。

 その能力をどう生かすかを問う模範解答が無い時代になってきました。

それぞれが考えて現実社会の中で解答を出し評価を受けなければなりません。

 「日本の常識は世界の非常識」とよくいわれていますが、

今後企業のグローバル化が進み同僚が外国人

というのも珍しくない時代がやってきます。

 そうなれば、ますます人間としての総合力(知識、自主性、感性、判断力など)

あるいは、応用力が必要になるでしょう。

親御さんもそれを感じていて、

舵を大きく切り始めているという事でしょうね???

 「新たな芽ばえ」からも感じられますが、少しづつ流れは変化しています。

 

 

 hatena.jpg

クリック-ピアノ療育

クリック-四季のたより

クリック-無料体験

クリック-手作り音楽ソフト

クリック-Q&A

ペース・メソッド