ノーベル賞

タグ:

  京都大学の山中教授がIPS細胞の研究でノーベル賞を受賞しました。

この事は、テレビで大々的に放映されていますので

皆様ご存知の通りです。

山中教授は、どこかで見覚えがあるような感じがしていましたが、

TVでは若手芸人「U字工事・益子」とか言っていました。

 IPS細胞の事は、わかりませんが会見の様子を見て、

教授の人柄にとても好感が持てました。

特に、自分ひとりの手柄でないと強調されているのは、

本心から言っておられるように感じました。

 アメリカでの特許も取得され、

その目的がこの研究を一部の営利目的の者に独占されないようにする

為であるとおしゃていましたのには驚きました。

ノーベル賞を受賞するにふさわしい人です。

難病に苦しんでいる人たちの為にこの基礎研究を多くの研究者が

利用できるようにしたいという考え方は、感動しました。

いろいろと大変な道のりを、志を同じくする仲間と

多くの失敗を積み重ねながら乗り越えた結果という事でした。

世界中の数多くの研究者が、日本以上の研究環境の中でも

成し得なかった成果なので、どのように謙遜されても

ノーベル賞に値するものだと思います

 日本政府も遅まきながら、国を挙げての支援と補助金を決めたようです。

外国から評価されてからでは、遅すぎと思いますが・・・・・・

 卓越した能力のある人は、その能力は自分だけの為に使うのでなく

広く世の中のために使って欲しいです。

信じられないような大きなお金を得るチャンスを

あきらめる事を出来る人は、いったい何人いるのでしょうか?

聞いた話ですが、医学会では教授など地位のある人は

弟子やスタッフの手柄を横取りしてでも自分の成果として発表する事が

当たり前のようになっているらしいですが本当にあっぱれです。

 IPS細胞を用いる事で難病の原因の解明なども期待できるという事らしいですが

難病で苦しむ人たちや家族の

「これから希望を持って生きていける」という内容のコメントを聞いて胸が詰まりました。

 ノーベルメダル2.jpg

クリック-ピアノ療育

クリック-四季のたより

クリック-無料体験

クリック-手作り音楽ソフト

クリック-Q&A

ペース・メソッド