「俺」って天才!!

 

 

 

 去年の暮れのことでした。

 

幼稚園の年少の(仮に)A君が、

突然「俺って天才!」「俺ってすごい!」と言い出しました。

 

 A君は、グループレッスンで体を動かして、耳で聴いて色んな音の体験を積み重ね、

音には色んな要素があることが理解でき、

ピアノの白鍵、黒鍵が理解でき、ドレミの音符をシールを貼ったり、

歌ったり、いろいろなアプローチをしながら体験を積み重ねていました。

 本人は、一つ一つは分かっているんだけども、

「音符」と「音」と「鍵盤」のつながりがもう一つモヤっとしていたみたいです。

それらの繋がりが自分中ではっきりと見えた瞬間に、

つい感動しA君は叫んでしまったみたいです。

 「え? どうしたの??」私が聞くと

 「ドレミわかった。ぜんぶわかってきた。」と答えました。

 今まで体験をしながら学習をし理解していたものが、

相互に繋がってあたかも立体になった瞬間だったのでしょう。

今まで見えていた景色が、一気に広がったのでしょう。

カラーの3Dの世界になったのかも??

 今までは、3から4才児では無理だからと教えないで、

その後もともかく指番号やドレミを楽譜に書いたりして弾かせる

そんなレッスンが主流でした。

分からなくても良いから、「言うとおりに、書いてるように弾ければ良い」の一辺倒も

多かったと思います。もちろん全ての先生が、そうではありませんが・・・・・・。

 A君以外にも「お母さんが、すごいと言ったの。

わたし、すごいの?」とか母親から「うちの子、初めての本を音符見ながら弾いているのです。

びっくりしました。」などの意味のことをもよくお聞きします。

今まで体験し学んだことが、自分の中で繋がってくるのが

本人にも分かるのです。「スイッチ」が順番に入ってくる?そんな感じかも知れません・・・

 母親から「小さいときにピアノを6年ほど学びましたが、

残念ながら今は何も残っていません。

子供のときは、ともかくピアノの先生が厳しくて、怖かったです。

うちの子が楽しそうに学んでいる様子を見て、うれしくなりました。

なんだかもう一度やってみたくもなりました。」などこれと同じようなお話もよくお聞きします。

 たとえ幼稚園の年少であっても、手順を踏んで体験しながら学んでいけば

年齢的に複雑すぎると思われている事でも、きちんと理解できるのです。

それが繋がる瞬間の感動は、心に残ります。

そして、その小さなものが核となって、次のレベルに生かされ、

又次々とレベルに応じた核のようなものが出来あがります。

 また学んだ事をつなげると、より大きな形になる体験は

他の教科を学ぶときにも応用でき、生きてくると思います。

理解して学ぶことは、本当に大切な事です。レッスンをしていて実感しています。

<ペース・メソッド公式HPよりイメージ図を抜粋しました>  

coreimage.jpg

 

クリック-ピアノ療育

クリック-四季のたより

クリック-無料体験

クリック-手作り音楽ソフト

クリック-Q&A

ペース・メソッド