ペースメッソド 「らせん学習」2

ペースメソッドを実践していく場として、ピアノ教室があります。ピアノ教室の指導者は、各地のCM(講習会)や研究会で学んだ事を、自分のレッスンに取り入れて、どんどん進めたいと考えています。

ペースメソッド研究会で学んだ事で、すぐできる事はたくさんあります。でも前回で書いたように色んな制約で困難な問題もあります。突破力を試されていると書きましたが、現実に、突破されている先生方もたくさんいらしゃいます、なかなか突破できずに苦労されている場合もあると思います。

「らせん学習」のサイクル 経験ー発見ー分析ー創造ー応用 はピアノの指導ばかりでなく、その指導者にも道を示してくれています。各地の研究会というグループ学習の場は、ペースメソッドの緻密に計算されたプログラムを学び、実践での細やかな指導を学ぶだけでなく、各ピアノ教室の持つ困難な問題についても、突破された先生方の経験や、助言を聞き 経験ー発見ー分析ー創造ー応用のプロセスで少しづつ解決に向かうと思います。

私だけが思っている事かもしれませんが、ペース先生が教えてくださっているのは良く学び、基礎をしっかり固め今できる事から始めなさい。そして、将来に向けて、創造、応用力を発揮し理想を目指し一歩々進みなさい。それが、ペースメソッドの目指している大切なことの一つでもありますと。

もし、これを見てくださている先生で、私と同じように悩んだり、困っているならペースメソッド研究会で一緒にグループ学習をし、問題解決をめざしませんか?

 

 

クリック-ピアノ療育

クリック-四季のたより

クリック-無料体験

クリック-手作り音楽ソフト

クリック-Q&A

ペース・メソッド