平城遷都1300年祭

私の住んでいる生駒市から車で30分ほどで平城京跡があります。

今ここで、平城遷都1300年祭が開催されています。この開催に合わせて第一次大極殿が建設されていました。1300年祭の大きな復元建築は、朱雀門と大極殿ですが、そのほかには役人の住居とかがあります。近代建築は国立資料館などもあります。

平城宮跡は、1998年世界遺産に登録されました。714年から74年間この地に平城京がありましたが、途中5年間京都に移っているそうです。この為、天皇が儀式や政務を行う大極殿は京都に移る前と後では場所が東側に変わっているそうで、前半の大極殿を第一次大極殿と呼ぶそうです。今回の復元は、こちらだそうです。

平城宮は12の門があり高さ5mの塀で囲まれていて、その正面の門が朱雀門(すざくもん)です。巾25m、高さ22m奥行き10mで、第一次大極殿はこの北側にあります。名前は、南を守る神朱雀に由来するそうです。ちなみに、第一次大極殿の周りは東西178m南北318mの回廊に囲まれていて復元では、その位置に塀が作られています。貴族でも高位でなければ出入りできない場所だそうです。

詳しいことは、平城遷都1300年祭の公式HP(http://www.1300.jp/)をご覧下さいね。

朝一番だったので、割とすいていましたが、大極殿を出る頃には長い行列ができていました。

朱雀門です。両サイドに塀が少し再現されています。朱雀門のすぐ北側(内側)に近鉄の電車が横切って行きます。外国人(白人)見物人は、「OH! MY GOD」と嘆いていました。私も「I  think so」何とかならないものかと・・・・・・

suzaku.JPG

朱雀門の内部天井の様子がきれいだったので、

suzaku2.JPG

第一次大極殿の全景です。朱雀門と似ていますが、ずっと大きなものです。きれいです。

kansei1.JPG

内部に玉座がありました。詳しい資料が無いので、他の資料を参考にこのような物ではないかと言うことですが、本当にきれいなものでした。

gyokuza1.JPGgyokuza2.JPG

平城京の衣装を着たボランティアの人がいました。バスも走っていました。お年寄りや障害のある人の為のものだそうです。

kannsei2.JPGbasu.JPG

第一次大極殿の建設中に実は内部公開がありました。その時に屋根の上にあるなんだろう飾り?を近くで見ました。金色で大きくてとてもきれいでした。瓦も面白かったのでUPしておきます。

daigoku1.JPGdaigoku2.JPG

瓦の模様と同じ物で小さいお土産が売っていたので、魔除けに買って帰りました

daigoku3.JPG

ともかく、広くて原っぱのような公園で今は暑くなっているので、「熱中症」の心配があるそうです。

平日の早朝が狙い目かもしれません。しばし、古の雰囲気に浸るのも良いかもしれません。画像はクリックすると拡大します。

 

クリック-ピアノ療育

クリック-四季のたより

クリック-無料体験

クリック-手作り音楽ソフト

クリック-Q&A

ペース・メソッド